バックナンバー

受付や費用の相談は葬儀屋へ

葬儀に含まれる受付代行の費用

  • トップ /
  • 葬儀に含まれる受付代行の費用

受付は葬儀社スタッフに任せる

通夜や告別式の受付は、本来なら親族の人や親しい近所の人の役割でしたが、家族葬や香典辞退の告別式を行う人が増えてきたことにより受付の必要性が下がり、葬儀社のスタッフが代行することが多くなりました。代行してもらうことで親族が通夜や告別式に専念できるため、受付代行が最初から組み込まれている葬儀プランが増えています。費用については一般葬の場合は野外用テントや記帳用テーブルもプランに含まれるので、テントとテーブルだけで1泊1万円から2万円ほどの備品費用が必要です。人件費については多額の香典などを預かるため2人1組が一般的で、3万円から4万円ほどかかります。葬儀は親族にとっても弔問客にとっても不慣れなしきたりが多く、手慣れた葬儀スタッフに任せた方がスムーズに行くので受付代行プランは年々需要の伸びているプランです。代行プランには受付の他に、香典や供花や供物の金額一覧や返礼品リスト、弔電の整理や弔問客の住所録などもCDなどにデータ化するメニューもあり、入力業務などの費用が含まれるため3万円ほどのオプション費用が上乗せされます。費用は多少高額になっても葬儀後の香典返しの手間が省けるので、データ化プランも人気です。

↑PAGE TOP