バックナンバー

葬儀のかたちとは

葬儀の費用は見積もりが大事

  • トップ /
  • 現在の葬儀に関して知る

葬儀の形態の移り変わり

これまで大規模な葬儀の形態が主流でしたが、近年人気をあげているのが家族葬です。これは家族や身近な身内のみで行う小さなお葬式のことで、現代の簡素化や高齢化、少子化などの流れの中で最適な故人を見送る方法であることで注目を浴びているのです。故人と遺族のお別れの時間をしっかりと過ごせることで気持ちの整理がつきやすく、費用の負担も少ない、悲しみの中準備に追われる必要もないというメリットが多くあります。各葬儀会社でも家族葬のプランを多く展開しています。

近年人気の高まっている葬儀の形

少子高齢化、核家族、様々なことへの簡素化の現代、葬儀の形は家族葬が人気を高めています。これは家族や身近な親族のみでおこなう小さなお葬式です。心のこもったお別れ、愛情を感じられるお別れ、故人を偲び感謝を伝える時間をとれることで遺族のこころの整理もつきやすいということがあります。また準備にかかる時間や費用面での負担も少なくメリットが多いのも人気の理由です。各葬儀会社ではこのような家族葬のプランを展開しています。

↑PAGE TOP